【コム・タム】ホーチミン生まれの朝に食べる白ごはん

ふむにちわ!

今日のベトナムごはんは・・・

IMG_1s194

コム・タム!

Đặc sản tp. HCM !
(ホーチミン市の特産品だふむ!)

ホーチミン生まれの軽~い白ごはん

「コム・タム」はベトナム語で cơm tấm と書きます。
cơm は「ごはん食べにいこっか!」というときの
「ごはん」の意で使われることが多いのですが、
cơm tấm のように献立名の場合は「白ごはん」を指します。
そして、tấm が今回の主役です!
この「タム」は米をついた時にできる砕け米を指します。
cmtm

ベトナムで一般的なのは長粒のインディカ米。
しかし写真のとおり、「コム・タム」のお米は粒子が細かいのが特徴です。

細かいので、あまり噛む必要がなく、
消化もよくお腹にやさしい。

朝からがっつり白いごはんを食べないベトナム人が、
唯一朝から食べる白いごはんといってもいいでしょう。

ついたときにできた砕け米、長粒のとごっちゃにしたら見た目が悪いし、
なにかいい考えはないものかしら?
なんて考えたかどうかはわかりませんが、
副産物をうまく使った食べ方と言えますね。

「コム・タム」はホーチミンで生まれたと言われ、
ぼくの記憶では、ハノイでは見かけたことがありません。

白ごはんに合ういろんなおかず

IMG_1192

お店によって違いはありますが、
コム・タムには白いごはんがよく進む、
バラエティー豊かなおかずがついてきます。

IMG_1196
甘辛い味付けのブタの焼肉です。
thịt(肉)に nướng(焼く)で thịt nướng(焼肉)。
味付けは砂糖とヌックマムのみといたってシンプル。
でもそれが、おいしいんです!
IMG_1200

お店のすぐ横で香ばしい香りを漂わせながら、
どんどん肉が焼けていきます。

IMG_1195-2
こちらは Chả trứng(チャー・チュン)と呼ばれるオムレツ。
chả は、液体またはペースト状のものに火を入れたものの総称です。
trứng はたまごで chả trứng でオムレツ!
たまごに豚ミンチなどを入れ混ぜ合わせて焼いたもので、
お店によって中の具材はさまざま。
このオムレツの味で店主の腕がわかります。
IMG_1195-3
こちら (ビー・ヘオ)。
豚()の皮を細切りにし、茹で、または炒めたものです。
塩や酢で下味がつけられていて、コリコリの食感。
米粉がまぶされているものは香ばしさも感じます。

これらのおかずだけでも十分ごはんが進みますが、
付け合わせの甘いヌックマムだれもおいしい。
食べ方は人それぞれ。
全部ごちゃまぜにして食べてもよし、
ひとつひとつのおかずを味わって食べてもよし!です。

今回のお店

IMG_1191

店の名前はありません。
下記住所の教会の前の路上を間借りした屋台で、
店主のおばちゃんの名前は Mai(マイ)。

住所:136 Tôn Đản, Phường 10, Quận 4, tp.Hồ Chí Minh
月曜~土曜、朝6時から9時ごろまで(なくなるまで)

コム・タムのほか、ブンも食べられます。
ブンには焼肉と揚げ春巻きがのります。
もちろん、他にのせてほしいものがあれば、
好きなだけのっけてもらいましょう。

コム・タム一人前、二万ドンなり。
(2015年1月7日現在、約110円)

cmtm1

ごちそうさま!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です